pali suffixes

IV. 曲用・活用の語尾および動詞語基等の語尾の表





-a (-)

① m. n. sg. voc.

buddha

仏よ



phala

果よ



raja

王よ



brahma

梵天よ


子音語尾語基の n. sg. acc.

kamma

業を



nāma

名を


③ aor. 1sg. 2sg. 3sg.

addasa

見た



alattha

得た



avoca

言った


④ imper. 2sg.

labha

得よ



suṇa

聞け

-aṃ (-iṃ, -um, -ṃ)

① m. n. f. sg. acc.

buddhaṃ

仏を



phalaṃ

果を



gātha

偈を



rāja

王を


② n. sg. nom.

phalaṃ

果は



kammaṃ

業は


③ aor. 1sg.

ajjhagaṃ

到達した



alatthaṃ

得た



avocaṃ

言つた

-ato

→ -to



-attha (-ttha)

① aor. 2pl.

akattha

作した



adattha

与えた


② aor. 3sg. med.

adattha

与えた



sūyattha

聞かれた

-anā, -ani

→ -nā, -ni



-aniya (-nīya)

grd. stem.

karaniya

作さるべき



gamanīya

行かるべき

-amha, -amhase

aor. 1pl.

akamha, akaramha

作した



agamha, agamamha

行った



alatthamha

得た



akarā̆mhase

作した



ahumhase

あった

-amhā, -amhi

→ -mhā, -mhi



-aya- (= -e-)

① caus. stem

kāraya-

作させる



gā̆maya-

行かせる



bhāvaya-

あらせる, 修行する


② denom. stem

kāmaya-

欲する



ghātaya-

殺す

-ā̆raṃ, -ā̆ra, -aranaṃ, -aresu, -arehi

→ -raṃ, -rā, -ānaṃ, -su, -hi



-aro

-ar 語基 m. f. pl. nom. voc. acc.

pitaro

父等は, ~, ~



mātaro

母等は, ~, ~

-asā, -aso

→ -sā, -so



-asmā, -samiṃ

→ -smā, -smiṃ



-assa, -assaṃ, -assā

→ -ssa, -ssaṃ, -ssā



-ā

① m. n. sg. abl.

buddhā

仏より



rūpā

色より


② m. pl. nom. voc.

buddha

諸仏は, ~



rājā

諸王は, ~


③ f. sg. nom.

kaññā

少女は



gāthā

偈は



彼女は


④ f. pl. nom. voc. acc.

kaññā

娘達は, ~, ~



gāthā

諸偈は, ~, ~



彼女等は, ~


子音語尾語基の m. f. sg. nom.

rājā

王は



bhagavā

世尊は



āyasmā

尊者は



arahā

阿羅漢は



satthā

師は



pitā

父は



mātā

母は


⑥ aor. 2sg. 3sg.

akā, akarā

作した



agā, agamā

行った

-āna

m. n. f. pl. dat. gen.

buddhāna

諸仏に, ~



ariyasaccāna

諸聖諦に, ~


② ppr. stem

karāna, kubbāna

作しつつ



esāna

求めつつ

-ānaṃ (-īnaṃ, -ūnaṃ)

m. n. f. pl. dat. gen.

buddhāna

諸仏に, ~



phalāna

諸果に, ~



gāthanaṃi

諸偈に, ~


子音語尾語基の m. sg. acc.

rājāna

王を



attāna

自我を



brahmāna

梵天を

-āni (-īni, ūni)

n. pl. nom. voc. acc.

phalāni

諸果は, ~, ~



rūpāni

諸色は, ~, ~



akkhīni

諸眼は, ~, ~



āyūni

諸寿は, ~, ~



tīni

三は, ~

-apaya- (-āpe-)

caus. stem

kārāpaya-, kārāpe-

作させる



gamāpe-

行かせる



ārāpe-

殺させる

-āya

f. sg. instr. abl. dat. gen. loc.

kaññāya

少女によって, ~より, ~, ~, ~において



gāthāya

偈によって, ~より, ~, ~, ~において

-āya- (-e-)

denom. stem

piyāya-

愛する



saddāya-

声を立てる



sukhāya-

楽しむ

-āya

f. sg. loc.

kaññāya

少女において



gāthāya

偈において

-āyo

f. pl. nom. voc. acc.

kaññāyo

少女等は, ~, ~



gāthāyo

諸偈は, ~, ~

-āvin

過去能動分詞語尾

katāvin

作しおわれる



sutāvin

已聞の

-āsa

→ -assaṃ



-āsu, -āhi

f. pl. loc. instr. abl. → -su, -hi



-i

① (-) m. n. f. sg. nom. voc.

aggi

火は, ~



akkhi

眼は, ~



jāti

生は, ~


② (-ti. -ni, ri, -si, -yi) m. n. sg. loc.

guṇavati

具徳者において



bhagavati

世尊において



kammani

業において



hatthini

象において



manasi

意において



pitari

父において



mayi

私において


③ aor. 1sg. 2sg. 3sg.

labhi

得た



āsi

あった



aggahi

取った

-iṃ

① → -ṃ




② aor. 1sg.

labhiṃ, alabhiṃ

得た



āsi

あった



gaṇhiṃ, aggahiṃ

取った

-iṃsu

aor. 3pl.

kariṃsu

作した



āsiṃsu

あった



gaṇhiṃsu

取った

-ito

→ -to



-ittha

① aor. 2pl.

āsittha

あった



gaṇhittha

取った



pasārayittha

伸ばした


② aor. 2sg. med.

pucchittha

問うた



alabhittha

得た



pasārayittha

伸ばした

-ittho

aor. 2sg. med.

pucchittho

問うた



amaññittho

考えた

-in

suf. 所有する

hatthin

手ある,



vādin

説ある, 説者

-ima, -imhā

aor. 1pl.

labhima, labhimhā

得た



āsimha

あった



upasaṅkamimha

近づいた



sakkhimha

できた

-imha, -imhi

→ -mhā, -mhi



-ī̆ya- (-iyya-)

① pass. stem

karī̆ya-, kariyya-

作される



pucchī̆ya-

問われる



posiya-

養われる



māriya-

殺される


② denom. stem

aṭṭī̆ya-

悩む



samādhī̆ya

入定する

-iyaṃ, -iyā

→ -yaṃ, -



-isaṃ

aor. 1sg.

icchisaṃ

欲した



agacchisaṃ

行った



dakkhisaṃ

見た

-isuṃ

aor. 3pl.

acā̆risu

行なった



abhuñjisuṃ

食べた



pucchisuṃ

問うた

-ismā, -ismiṃ

→ -smā, -smiṃ



-issa-

fut. stem

karissa-

作すであろう



gamissa-

行くであろう



labhissa-

得るであろう

-issaṃ

① aor. 1sg.

agamissaṃ

行った



apucchissaṃ

問った



sakkhissaṃ

できた


② fut. 1sg.

karissaṃ

作すであろう



bhavissaṃ

あるであろう


③ cond. 1sg.

abhavissaṃ

あったとすれば

-ī

① f. sg. nom.

nadī

河は



devī

女神は


② f. pl. nom. voc. acc.

nadī

諸河は, ~, ~



devi

女神等は, ~, ~


③ -in 語基の m. sg. nom.

hatthī

象は



pakkhī

鳥は



vādī

説者は


④ aor. 2sg.

agamī

行った



gilī

呑んだ

-īna

→ -āna



-īya- (-iya-, -iyya-)

① pass. stem

gaṇhīya-

取られる



cīya-

積まれる



pīya-

飲まれる


② denom. stem

puttīya-

子として愛す



balīya-

強くする



hirī̆ya-

慚じる

-īsu, -īhi

→ -su, -hi



-u

① m. n. f. sg. nom. voc.

bhikkhu

比丘は, ~



cakkhu

眼は, ~



dhenu

牝牛は,


-ar 語基 m. f. sg. dat. gen.

satthu

師に, ~



pitu

父に,~



mātu

母に, ~


③ aor. 2sg. 3sg.

ahu

あった



assu

聞いた

-uṃ

suf. 所有する

bhikkhuṃ

比丘を



cakkhuṃ

眼を



dhenuṃ

牝牛を


② n. sg. nom.

cakkhuṃ

眼は



assuṃ

涙は



āyu

寿は


③ aor. 3pl.

akaruṃ

作した



aguṃ, gacchuṃ

行った



avocuṃ, avacuṃ

言った

-unā, -uno, -umhā, -umhi

nā, -no, -mhā, -mhi



-uyaṃ, -uyā, -uyo

→ -yaṃ, -yā, -yo



-usaṃ, -usā, -usmā, -usmiṃ, -ussa

→ -saṃ, -sā, -smā, -smiṃ, -ssa



-ū

① m. n. f. sg. nom.

abhibhū

征服者は



pāragū

到彼岸者は


② m. f. pl. nom. voc. acc.

bhikkhū

比丘等は, ~, ~



paragū

到彼岸者等は, ~, ~



dhenū

牝牛等は, ~, ~


③ aor. 2sg. 3sg.

ahū

あった


④ aor. 3pl.

ahū

あった



agū

行った

-ūnaṃ, -ūni

→ -ānaṃ, -āni



-ūbhi, -ūhi

→ -bhi, -hi



-e

① m. n. sg. loc.

buddhe

仏において



phale

果において



raññe

王において


② m. pl. acc.

buddhe

諸仏を



dhamme

諸法を


③ f. sg. voc.

kaññe

少女よ



gāthe

偈よ


④ pron. m. pl. nom. acc.

te

彼等は, ~



sabbe

一切は, ~


⑤ pr. 1sg. med.

kubbe

作す



labhe

得る


⑥ imper. 1sg. med.

kubbe

作せ



labhe

得よ


⑦ opt. 1sg. 3sg.

kubbe, kare

作すべし



labhe

得べし

-e- (-aya-)

① caus. stem

kāre-

作させる



gāhe-, gaṇhe-

取らせる


② denom. stem

kāme-

欲する



gaṇe-

数える



ghāte-

殺す

-etha

opt. 3sg. med.

kubbetha

作すべし



rakkhetha

守るべし

-etho

opt. 2sg. med.

kubbetho

作すべし



cf. āgaccheyyātho


-ena

m. n. sg. instr.

buddhena

仏によりて



phalena

果によりて



kena

何によりて

-ema, -emu

opt. 1pl.

dakkhema

見るべし



jānemu

知るであろう



suṇemu

聞くであろう

-eyya

① grd. stem

labheyya, laddheyya

得べき



bhaveyya

あるべさ


② opt. 3sg.

kareyya, kubbeyya

作すべし



deyya, dadeyya

与ゆべし

-eyyaṃ

opt. 1sg.

kareyyaṃ

作すべし



dadeyyaṃ

与ゆべし

-eyyāma

opt. 1pl.

kareyyāma

作すべし

-eyyasi

opt. 2sg.

kareyyāsi

作すべし



āhareyyāsi

持ち来るべし

-eraṃ

opt. 3pl. med.

kubberaṃ

作すべし



gaccheraṃ

行くべし

-esaṃ (-asaṃ f.)

pron. m. n. pl. dat. gen.

tesaṃ

彼等に, ~



sabbesaṃ

一切に, ~

-esānaṃ (-asanaṃ f.)

pron. m. n. pl. dat. gen.

tesāna

彼等t, ~



sabbesanaṃ

一切に,

-esu (m. n.),-ehi (m. n. )

→ -su, -hi



-o

① m. sg. nom.

buddho

仏は



dhammo

法は



so

彼は



sabbo

一切は


子音語尾語基の m. n. f. sg. nom. voc. acc.

mano

意は, ~, ~



vaco

語は, ~, ~



pitaro

父は, ~) ~



mātaro

母は, ~, ~

-ṃ (-aṃ, -iṃ, -uṃ)

① m. n. f. sg. acc.

buddhaṃ

仏を



akkhiṃ

眼を



nadiṃ

河を



bhikkhuṃ

比丘を


② n. sg. nom.

phalaṃ

果は



kammaṃ

業は



akkhiṃ

眼は



assuṃ


③ -at 語基の m. sg. nom.

arahaṃ

阿羅漢は



bhavaṃ

尊師は



gacchaṃ

行きつつある者は



passaṃ

見つつある者は


④ aor. 1sg.

akaṃ, akaraṃ

作した



agaṃ, agamaṃ

行った


⑤ fut. 1sg.

kassaṃ, karissaṃ

作すであろう



bhavissaṃ, hessaṃ

あるであろう

-cca = -tya




-ta

pp. stem

kata

作せる



gata

行ける

-taṃ

m. n. pl. dat. gen.

arahataṃ

阿羅漢達に, ~



guṇavataṃ

具徳者等に, ~



gacchataṃ

行きつつある者に, ~


② imper. 3sg. med.

kurutaṃ

作せ



labhataṃ

得よ

-tabba

grd. stem

kattabba, kātabba

作さるべき



gantabba, gamitabba

行くべき

-tave

infin.

kātave

作すベく



gantave

行くべく

-tā (-ā)

m. n. sg. instr. abl.

bhagavatā

世尊によりて, ~より



arahatā

阿羅漢によりて, ~より



gacchatā

行きつつある者によりて, ~より

-tāya

grd. stem

lajjitāya

恥ずべき



daṭṭhāya

見らるべき

-ti

① (-i) m. n. sg. loc.

bhagavati

世尊において



arahati

阿羅漢において



guṇavati

具徳者において


② pres. 3sg.

karoti

作す



gacchati

行く


③ fut. 3sg.

karissati

作すであろう



gamissati, gacchissati

行くであろう

-tu

① imper. 3sg.

karotu

作せ



gacchatu

行け


② infin.

kattu

作すべく



gantu

行くべく

-tuṃ

infin.

kātuṃ, kattuṃ

作すべく



bhavituṃ, hotuṃ

あるべく

-tuye

infin.

kātuye

作すべく



hetuye

あるべく



marituye

死ぬベく

-tūna

ger.

kātūna, kattūna

作して



gantūna

行って

-te

① pres. 3sg. med.

kurute, kubbate

作す



labhate

得る


② fut. 3sg. med.

karissate

作すであろう



labhissate

得るであろう

-to

① (-ato) m. n. f. sg. abl.

buddhato

仏より



phalato

果ょり



kaññato

少女より


② -at 語基 m. n. sg. dat. gen.

bhagavato

世尊に, ~



arahato

阿羅漢に, ~



gacchato

行きつつある者に, ~

-tthaṃ

aor. 1sg.

alabhitthaṃ

得た



asayitthaṃ

臥した

-tya (-cca)

ger.

kacca

作して



paṭicca

緑りて



vivicca

離れて

-tvā, -tvāna

ger.

katvā, katvāna

作して



gantvā, gamitvā, gantvāna

行って

-tha

① pres. 2pl.

karotha

作す



gacchatha

行く


② fut. 2pl.

karissatha

作すであろう



gamissatha

行くであろう


③ imper. 2pl.

karotha

作せ



gacchatha

行け


④ aor. 2pl.

adatha

与えた



addasatha

見た


⑤ aor. 3sg. med.

apucchatha

問うた



abhāsatha

語った



avocatha

言った

-na

pp. stem

dinna

与えられたる



khīṇa

尽きたる



na

捨てられたる, 劣った

-

m. n. sg. instr. abl.

agginā

火によって, ~より



bhikkhunā

比丘によって, ~より



brahmanā, brahmunā

梵天によって, ~より



kammanā, kammunā

業によって, ~より



satthunā

師によって, ~より

-ni

① → -āni




② (-i), 子音語尾語基の m. sg. loc.

rājini

王において



kammani

業において



hatthini

象において



āyuni

寿において



cakkhuni

眼において

-nīya → -anīya




-no

m. n. sg. dat. gen.

aggino

火に, ~



bhikkhuno

比丘に, ~



attano

自己に, ~



brahmano, brahmuno

梵天に, ~



kammuno

業に, ~



satthuno

師に, ~


② m. pl. nom. voc. acc.

sakhāno, sakhino

友等は, ~, ~



attāno

自己等は, ~, ~



rājāno

王等は, ~, ~



hatthino

象等は, ~, ~

-nta

ppr. stem

karonta

作しつつ



gacchanta

行きつつ

-ntaṃ

imper. 3pl. med.

kubbantaṃ

作せ



labhantaṃ

得よ

-ntā

m. pl. nom. voc.

arahantā

阿羅漢達は, ~



guṇavantā

有徳者等は, ~



gacchantā

行きつつある者等は, ~

-ntāni

n. pl. nom. voc. acc.

guṇavantani

具徳等は, ~, ~

-nti

① pres. 3pl.

karonti

作す



gacchanti

行く


② fut. 3pl.

karissanti

作すであろう



gamissanti

行くであろう

-ntu

imper. 3pl.

karontu

作せ



gacchantu

行け

-nte

① m. pl. acc.

arahante

阿羅漢達を



guṇavante

具徳者等を


② pres. 3pl. med.

kubbante

作す



labhante

得る


③ fut. 3pl. med.

karissante

作すであろう



labhissante

得るであろう

-nto

m. pl. nom. voc. acc.

arahanto

阿羅漠達は, ~, ~



guṇavanto

具徳者等は, ~, ~

-pe- (-paya-)

caus. stem

kārāpe-, kārāpaya-

作させる



gamāpe- (-paya-)

行かせる

-bhi

m. n. f. pl. instr. abl.

buddhebhi

諸仏によりて, ~より



gāthābhi

諸偈によって, ~より

-ma

① pres. 1pl.

karoma

作す



gacchāma

行く


② fut. 1pl.

karissāma

作すであろう



gamissāma

行くであろう


③ imper. 1pl.

karoma

作せ



gacchāma

行け

-maṃ

→ -ṃ



-mat, -mant

suf. 所有す

pāpimant

悪ある, 波旬



satimant

念ある

-mataṃ, -matā, -mati, -mato

→ -taṃ , -tā, -ti , -to



-mantaṃ, -mantā, -mante, -manto

→ -ṃ , -ā , -e , , -o



-mase (-amase)

① pres. 1pl. med.

labhāmase

得る



asmase

ある


② imper. 1pl. med

labhāmase

得よ



kubbāmase

作せ

-

→ -ā



-māna

ppr. stem

kurumāna

作しつつ



gacchamāna

行きつつ



labbhamāna

得られつつ

-mi

① pres. 1sg.

karomi

作す



gacchami

行く


② fut. 1sg.

karissāmi

作すであろう



gamissāmi

行くであろう


③ imper. 1sg.

karomi

作せ



gacchāmi

行け

-mhā (-amhā)

m. n. sg. abl.

buddhamhā

仏より



phalamhā

果ょり



tamhā

彼より, それより

-mhi (-amhi)

m. n. sg. loc.

buddhamhi

仏において



phalamhi

果において



tamhi

彼において, それにおいて

-mhe

① pres. 1pl. med.

kurumhe, kubbā̆mhe

作す



labhā̆mhe

得る


② fut. 1pl. med.

karissāmhe

作すであろう



labhissāmhe

得るであろう

-ya

① ger.

kariya, kiriya

作して



jāniya

知って



nisīdiya

坐って


② grd. stem

kāriya, kayira

作さるべき



vākya

説かるべき, 所説



vajja

言わるべき

-ya-

① pass. stem

ñāya-

知られる



nīya-

導かれる



ḍayha- (-ḍahya)

焼かれる


② denom. stem

namassa- ( = namasya-)

礼する



tapassa-

苦行する

-yaṃ

① f. sg. loc.

gāthāyaṃi

偈において



jātīya

生において



dhenuyaṃ

牝牛において



mātuya

母において


② opt. 1sg.

siyaṃ, assaṃ (asyaṃ)

あるべし



dajjaṃ (dadyaṃ)

与ゆべし

-

f. sg. instr. abl. dat. gen. loc.

jātiyā

生によって, ~において



dhenuyā

牝牛によって, ~において



nadiya

河によって, ~において



matuya

母によって, ~において


② opt. 3sg.

siyā

あるべし



jāniyā, jañña

知るべし

-ye

opt. 3sg.

kubbaye

作すべし



ānaye

導くべし

-raṃ

-ar 語基の m. f. sg. acc.

satthā̆ra

師を



pitaraṃ

父を



mātara

母を

-

-ar 語基の m. f. sg. instr. abl.

satthā̆rā

師によって, ~より



pitarā

父によって, ~より



mātarā

母によって, ~より

-ruṃ

aor. 3pl. med.

amaññaruṃ

思った

-re

① pres. 3pl. med.

labhare

得る


② fut. 3pl. med.

karissare

作すであろう


③ aor. 3pl. med.

abajjhare

結んだ

-va, -vaṃ

→ -a, -aṃ



-vat, -vant

① suf. 所有す

bhagavat

世尊



guṇavat

徳ある, 具徳の


過去能動分詞語尾

katavat

作しおわれる



sutavat

すでに聞ける, 已聞の

-vatṃ, -vatā, -vati, -vato

→ -taṃ , -ta, -ti , -to



-vhe

① pres. 2pl. med.

kubbā̆vhe

作す



labhavhe

得る


② fut. 2pl. med.

karissavhe

作すであろう



labhissavhe

得るであろう

-vho

imper. 2pl. med.

kuruvho

作せ



labhavho

得よ

-saṃ

n. pl. dat. gen.

āyusa

諸寿に, ~

-

-as, -us 語基の n. sg. instr. abl.

manasā

意をもって, ~より



vacasā

語によって, ~より



āyusā

寿によって, ~より

-sanaṃ

pron. pl. dat. gen.

tesāna

彼等に, ~



tāsāna

彼女等に、~



sabbesāna, sabbāsāna

一切に, ~

-si

① pres. 2sg.

karosi, kubbasi

作す



labhasi

得る


② fut. 2sg.

karissasi, kāhasi

作すであろう



labhissasi, lacchasi

得るであろう


③ aor. 1sg. 2sg. 3sg.

akāsi

作した



cintesi

思った

-siṃ

aor. 1sg.

akāsi

作した



cintesiṃ

思った

-sittha

aor. 2pl.

akāsittha

作した



ahosittha

あった

-simha

aor. 1pl.

aggahesimha

取った



adāsimha

与えた

-su (-esu, -āsu, -īsu, -ūsu)

m. n. f. pl. loc.

buddhesu

諸仏において



phalesu

諸果において



gāthāsu

諸偈において



nadīsu

河において



bhikkhū̆su

比丘等において



tesu

彼等において



tāsu

彼女等において

-suṃ

aor. 3pl.

akāsu

作した



ahesuṃ

あった



pucchisuṃ

問うた

-se

① pres. 2sg. med.

kuruse, kubbase

作す



labhase

得る


② fut. 2sg. med.

karissase

作すであろう



labhissase

得るであろう

-so

-as, -us 語基の n. sg. dat. gen.

manaso

意に, ~



vacaso

語に, ~



āyuso

寿に, ~

-smā (-asma)

m. n. sg. abl.

buddhasmā

仏より



phalasmā

果ょり



tasmā

彼より, それより, それ故に

-smiṃ (-asmiṃ)

m. n. sg. loc.

buddhasmiṃ

仏ににおいて



phalasmiṃ

果ににおいて



tasmiṃ

彼において, それにおいて

-ssa

(-assa) m. n. sg. dat. gen.

buddhassa

仏に, ~



phalassa

果に, ~



tassa

彼に, ~


② cond. 2sg. 3sg.

akarissa

作したとすれば



abhavissa

あったとすれば

-ssa-

fut. stem

karissa-

作すであろう



gamissa-

行くであろう

-ssaṃ

① pron. f. sg. loc.

tassaṃ, tissaṃ

彼女において



kassaṃ

誰女において



sabbassaṃ

一切女において


② fut. 1sg.

karissaṃ, kassaṃ

作すであろう



bhavissaṃ, hessaṃ

あるであろう


③ cond. 3pl.

abhavissaṃ

あつたとすれば

-ssaṃsu

cond. 3pl.

abhavissaiṃsu

あったとすれば

-ssatha

① fut. 2pl.

karissatha

作すであろう



bhavissatha, hessatha

あるであろう


② cond. 3sg. med.

alabhissatha

得んとすれば



nibbattissatha

生じたとすれば

-ssati, -ssanti, -ssasi

→ -ti, -nti, -si



-ssā

pron. f. sg. dat. gen.

tassā

彼女に, ~



sabbassā

一切に, ~

-ssāma

① fut. 1pl.

karissāma

作すであろう



bhavissāma, hessāma

あるであろう


② cond. 1pl.

āgamissāma

来たとすれば



alabhissāma

得たとすれば

-ssāmi

→ -mi



-ssu

imper. 2sg. med.

kurussu, karassu

作せ



labhassu

得よ

-ha-, -hi- (-ssa-)

fut. stem

kāha-

作すであろう



hāha-

笑うであろう



hehi-, hohi-

あるであろう



hāhi-

運ぶであろう



< har, hṛ


-hi

① (-ehi, -āhi, -īhi, -ūhi) m. n. f. pl. instr. abl.




② imper. 2sg.

karohi

作せ



labhā̆hi

得よ


Comments